診療科のご案内

消化器内科

当科では、食道、胃、大腸などの消化管や肝臓、膵臓などの消化器疾患全般に関する医療を行っています。現在、日本人の死亡原因の第1位は癌で、その中でも胃癌や大腸癌が多いため、特に消化管に対する内視鏡検査や治療に力を入れています。効果的な治療を行うには内視鏡検査による早期発見、早期治療が重要です。検査では鎮静剤を使うなど、苦痛のないよう常に心掛けています。内視鏡治療では、ポリープや早期癌に対する内視鏡的切除をはじめ、胃瘻造設術や消化管出血に対する内視鏡的止血術、食道静脈瘤に対する内視鏡的結紮術、総胆管結石、閉塞性黄疸に対する内視鏡治療(ERCP)なども行っています。

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 2診:高木
3診:須尭
4診:大橋 3診:須尭
午後
 
  午前  9:00~12:00(受付 8:30~11:30)

【休診情報】

消化器内科医師

消化器内科部長 高木 邦夫
平成7年 関西医科大学 卒業
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本救急医学会専門医
内科主任部長 須堯 慎也
平成元年 川崎医科大学 卒業
福岡大学医学博士
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
消化器センター内科部長 大橋 理奈
平成12年 愛知医科大学医学部卒業
日本内科学会認定医・指導医・総合内科専門医
肝臓専門医
消化器病専門医
消化器内視鏡専門医
日本癌治療認定機構癌治療認定医

主に扱う疾患

出血性胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃腺腫、胃癌、大腸癌、大腸ポリープ、炎症性腸疾患、虚血性腸炎、大腸憩室炎、憩室出血、総胆管結石症、急性胆嚢炎、急性胆管炎、閉塞性黄疸、急性膵炎、慢性膵炎、肝硬変、急性肝炎など

一覧に戻る