診療科のご案内

婦人科

外来では子宮がん検診後の精査や月経困難症、過多月経、卵巣腫大、骨盤臓器脱などの症状があり手術が必要かもしれない方のご相談を受けております。

手術では婦人科良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、骨盤臓器脱など)および子宮頸部異形成から初期癌(上皮内癌まで)の治療を行っております。
産科診療および悪性疾患の治療は行っておりません。

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前
午後 7診:藤谷 7診:藤谷
 
午前  9:00~12:00(受付 8:30~11:30)

午後 14:00~16:00(受付 13:00~16:00)
※土曜日の午後は休診となります.


----休診情報 --------------------------
9月12日(木)午後
9月13日(金)午後
----------------------------------------

婦人科医師

部長 藤谷 真弓
平成9年 滋賀医科大学 卒業
千葉大学医学博士
日本産婦人科学会 専門医・指導医
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本女性医学会認定女性ヘルスケア 専門医
緩和ケア研修会 終了医
器質性月経困難症に対する適正なホルモン療法に係る研修修了
臨床研修指導医講習会終了

主に扱う疾患

子宮がん検診後の精査
子宮頸部異形成から初期癌(上皮内癌まで)
月経困難症や過多月経
婦人科良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣・卵管腫瘍など)
骨盤臓器脱

当院での手術の特徴

[当院で行っている手術]

当院では、積極的に傷の小さな手術を選択しています。お腹に傷が全くない場合もあります。
子宮全摘や卵巣嚢腫の手術もvNOTESのみで行えれば、お腹に傷はありません。
傷が小さいほど術後の痛みは少なく回復も早いため早期の退院が可能です。

状況により開腹手術となる場合もあります。各手術には適応があり対象外となる場合もありますが、安全を考慮しつつ最適な手術を提案いたします。

膣式手術

vNOTES(ブイノーツ)

膣から腹腔鏡手術を行います。
基本的にお腹に傷はつけませんが、補助的に小さな傷を加えることはあります。

子宮全摘術

付属器手術

  • 適応:子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣,卵管良性腫瘍
  • 入院期間:2~4日
  • 手術:子宮全摘術、付属器手術(卵巣や卵管の手術)
  • 腹腔鏡手術を膣からカメラで術野を拡大しながらお腹に傷をつけずにより低侵襲な手術が可能。
  • 痛みが少ない。
  • お腹に傷が出来ない。
  • 早期に社会復帰が可能。

MEA(マイクロ波子宮内膜焼灼術)

膣を経由して子宮内に細いアプリケーターを挿入し先端から出るマイクロ波で子宮内膜を焼灼し月経量を激減させます。

  • 適応:過多月経、挙児希望なし、子宮筋層厚さ10mm以上
  • 入院期間:2日
  • 経腟操作でマイクロ波にて子宮内膜を焼灼する。
  • 経4mmの途中弯曲したアプリケーターを使用する。
  • 経腹エコーにてアプリケーターの位置を確認する。
  • マイクロ波出力70W50秒照射にてアプリケーター
    先端2cmの周囲6mmの組織が壊死する。
MEA(マイクロ波子宮内膜焼灼術)
その他の腟式手術

膣から行う手術

  • 入院期間:2-5日
  • 対象:子宮頸部高度異形成と上皮内癌、骨盤臓器脱
  • 手術:円錐切除術、骨盤臓器脱手術
傷の小さな手術

腹腔鏡手術

お腹に5-12mmの小さな傷を数か所あけます。
お腹にガスを入れてカメラで見ながら細長い鉗子で手術します。

  • 入院期間:約4日
  • 対象:子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、骨盤臓器脱、卵巣や卵管の良性腫瘍
  • 手術:子宮全摘術、付属器手術(卵巣や卵管の手術)、子宮筋腫核出術、骨盤臓器脱手術
その他の手術

開腹手術

下腹部を縦か横に開腹します。
病気の種類や状況により腹腔鏡では困難な場合に選択します。
他院へ紹介となる場合があります。

  • 入院期間:5-10日
  • 対象:子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣や卵管の良性腫瘍
  • 手術:子宮全摘術、付属器手術(卵巣や卵管の手術)、子宮筋腫核出術

賞状

一覧に戻る