診療科のご案内

人工透析内科

我が国の透析患者さんの人数は、約31万人と年々増加しています。透析導入となる原因疾患は、慢性糸球体腎炎は減少していますが、糖尿病や高血圧が原因となる腎硬化症の患者さんの人数が増加しております。いずれの疾患も動脈硬化の大きな危険因子となります。つまり、腎臓だけの問題ではなく、脳、心臓など全身に影響を及ぼします。したがって、全身疾患として治療にあたる必要があります。当院では、一人の患者さんを透析医だけではなく、循環器専門医、高血圧専門医、糖尿病専門医、整形外科専門医をはじめ、複数の医師で診療を担当し、全身疾患としてとらえ治療を行っています。また、医師以外にも、看護師、臨床工学士、栄養士が、チームとなり多角的に治療を行うことで、安心できる透析ライフを患者さんに提供します。

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前
午後
 

人工透析内科医師

副院長 大塚 篤弘
昭和54年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学博士
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本高血圧学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医
日本内分泌学会専門医
日本老年医学会専門医・指導医
日本内科学会近畿地方会評議員
日本内分泌学会評議員
日本老年医学会評議員
大阪大学医学部臨床教授
冨田 純(豊中渡辺クリニック院長)
内科顧問 熊本 邦彦
平成元年 和歌山県立医科大学 卒業
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本老年医学会専門医

主に扱う疾患

慢性腎不全

人工透析室

透析室は、透析導入・通院透析および、各診療科での入院治療や手術が必要とされる患者さんに対し、安全かつ安楽な透析の提供を行っています。
透析ベッド数は10床です。月曜日~土曜日の午前・午後の一日2クール体制です。10床のベッドのうち、2床は個室になっています。感染症や手術後など、患者さんの病状や経過にあわせて、個室で安全な透析を行います。

当院で行う透析以外の治療

  • 血漿交換療法
  • エンドトキシン吸着療法
  • LDL吸着療法
  • 腹水濾過濃縮再静注法
  • リウマチに対する白血球除去療法
  • 潰瘍性大腸炎に対する顆粒球除去療法や白血球除去療法

一覧に戻る