平成29年度 関西メディカル 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 46 96 113 294 275 551 97 1481 571
平成29年度の退院患者数は4419名であり、超高齢化を背景に疾患の有病率が増加しており、最も多い年齢層は80~89歳で、全体の33.5%を占めており、大阪千里地域の特徴を表しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 209 23.96 21.25 25.84 87.10
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 112 14.71 12.43 9.82 80.80
100380xxxxxxxx 体液量減少症 101 12.67 9.33 10.89 81.80
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 62 13.90 13.60 14.52 84.42
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 16.93 17.95 16.39 88.2
高齢者の入院の特徴ともいえる、肺炎などが多く、平均在院日数も延びる原因にもなっています。
早期のリハビリ、食事療法等他職種の治療取組を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 0 2 4 11 3 1 7
大腸癌 4 3 7 5 7 6 1 7
乳癌 37 39 3 6 31 42 1 7
肺癌 0 0 0 1 2 0 1 7
肝癌 0 0 0 0 2 1 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院で、診断・治療を行っている悪性疾患症例は年々増加傾向にあります。
診断に関しては、ほぼ毎日上部・下部内視鏡を行っており、高性能MRI(3ステラ)をはじめとして、最新の画像診断装置を完備しています。
治療は消化器癌では早期癌に対する内視鏡的切除から、外科手術(腹腔鏡下手術・開腹手術)を治療のガイドラインに沿って行っている。
乳癌治療は乳房部分切除、乳房切除 センチネルリンパ節生検(OSNA法)を行っており、形成外科医による乳房同時再建症例も多く行っております。
化学療法は化学療法室にて腫瘍内科医、専任看護師、薬剤師にてチーム医療を実践しています。
腫瘍に対する取組強化を図っていく途中であり、特に癌の生存率も高くなってきており、遠隔転移のステージⅣ等の対応も可能な体制を計ってまいります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 9.04 48.65
中等症 198 15.89 84.20
重症 50 26.92 85.82
超重症 19 22.47 89.37
不明 0 0 0
去年度の成人市中肺炎入院数は293名(退院患者占有率6.7%)でした。
重症度分類では、中等症肺炎が198人で、全体の68%でした。
中等症肺炎の平均在院日数は約16日間ですが、重症化すれば、在院日数は長くなっています。
軽症肺炎は外来で治療することが多く、入院数は少なく26名でした。
咳嗽や喀痰、発熱等を認めるようであれば、早めに医療機関を受診して診断治療を行うことが大切と思われます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 49.27 79.20 13.33
その他 15 54.80 77.67 10.00
当院では脳神経外科の専門治療ができておりませんでした。
現在、専門医による治療体制が確立しましたので症例の増加に努力中です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 30 1.37 4.60 3.33 73.43
K5693 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 20 6.55 8.35 0.00 77.80
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 29.62 25.46 53.85 80.92
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 11 4.27 8.55 9.09 67.09
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 9 3.44 3.33 0.00 68.33
すべての症例において予定処置体制ができて、徐々に件数も増加してきています。
特に循環器は今後増加傾向にあります。
また、胃瘻は高齢者のADLとのバランスを考慮して手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.11
異なる 6 0.14
180010 敗血症 同一 7 0.16
異なる 28 0.64
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 10 0.23
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.46
異なる 1 0.02
敗血症、真菌感染症は集中治療の必要な症例であり、実際の患者の症状と合併症の主訴にて変化します。
がん末期等も含めてあり、救急に依存する病院としては、院内の体制強化がますます必要であります。
更新履歴
20180818
平成29年度の集計結果をまとめました。