病院紹介

沿革

    社会医療法人 純幸会の沿革
西暦 東豊中渡辺病院 豊中渡辺病院
1965年 6月
大阪市西淀川区御幣島に渡辺診療所(無床)を開業
院長に渡邉幸子
1968年 3月
豊中市服部西町に渡辺外科・耳鼻咽喉科(19床)移転開業
院長に渡邉純甫、副院長渡邉幸子就任  手術室1室
1975年  
大阪食糧連合健康保険組合長堀病院が大阪市東区から豊中市に誘致移転する(120床)
1978年  
渡辺外科看護師寮新築
1979年 6月
新築工事着工(設計;日建設計、施工;竹中工務店)
1980年 8月
服部西町に豊中渡辺病院(60床)開医院する。
ICU3床・透析10床・手術室2室
1981年 5月
東芝頭部専用CT TCT-30導入
1982年  
透析20床に増
1985年 8月
東芝全身用CT TCT-70Aに入れ替え
救急告示病院 
1985年 9月
増床許可105床(一般病床)・透析室拡大  
1995年 1月
阪神・淡路大震災で看護師寮倒壊
1995年 4月
看護基準3:1実施
1996年 1月
「医療法人 純幸会」設立認可
理事長に渡邉純甫就任
病院増改築(救急初療新設、リハ室拡大、透析40床)
1997年 2月
介護保険事業開始「純幸会訪問看護ステーション」開所 
1997年 4月
エンゼル保育所(院内保育)開所
1997年 10月
東芝全身用シングルヘリカルCT Xlead(TSX-002A) 
1999年 6月
眼科開設
1999年 10月
大阪食糧連合健康保険組合長堀病院(120床)を業務継承
1999年 11月
一般病床120床(3対1看護)
2000年 1月
マンモグラフィ導入(東芝MGS-100B)乳腺診療開始
2000年 3月
長堀病院から東豊中渡辺病院に改名
院長に渡邉太郎就任
2000年 4月
居宅介護支援事業所「純幸会ケアプランセンター設立」開所
純幸会訪問看護ステーション東豊中に移設
2001年 4月
療養病床Ⅰ群44床・一般76床(3対1看護)
2003年 1月
院長に今中俊爾就任
院長 渡邉太郎就任
2003年 4月
救急2人体制(外科・内科)
一般病床105床(2.5対1看護)
2003年 6月
療養病床Ⅰ群44床・一般76床(13対1看護)
2004年 4月
療養病床Ⅰ群44床・亜急性期10床・一般66床
2004年 5月
理事長に渡邉太郎就任
2005年  
マンモグラフィ検診精度管理認定施設
2006年  
院長に中室真弓就任
2006年 1月
マンモグラフィ検診精度管理認定施設
GE全身用ヘリカル2列CT Prospeed FⅡ
2006年 3月
GE全身用ヘリカル2列CT Prospeed FⅡ
2006年 4月
療養病床Ⅰ群44床・亜急性期10床・一般26床・障害者40床
2006年 6月
亜急性期10床・一般26床・障害者84床
看護基準13対1実施
医薬分業開始
2007年 4月
超音波エラストグラフィ導入
日本乳癌学会認定施設
看護基準10対1実施
2008年 1月
院長に渡邉幸子就任
2008年 2月
GE乳房撮影装置Perfoma導入
2008年 3月
乳腺外科開設
2008年 4月
GE乳房撮影装置 Diamond導入しマンモグラフィ2機体制
2008年 5月
地域医療連携室開設
2008年 7月
障害者40床亜急性期4床・一般50床(26休床)
内科救急告示
2009年 5月
形成外科乳房再建術開始
マンモグラフィ検診精度管理認定施設
2009年 9月
回復期32床亜急性期12床・一般76床
エコー下マンモトーム導入
2010年 2月
GE乳房撮影装置 Senograph DS La Verite導入
ステレオマンモトーム導入
回復期8床亜急性期36床・一般76床
2011年  
超音波エラストグラフィヴァージョンアップ
2012年 3月
豊中渡辺病院新看護寮完成
GE全身用ヘリカル64列CT Optima CT660導入
2012年 6月
GE全身用ヘリカル16列CT Brivo CT385
OSNA法導入
2012年 12月
内科救急始める
2013年 1月
救急医療の取り組みで社会医療法人と認定される
千里西町の東京海上日動ビルを共同入札する
2013年 2月
共同入札にて新病院移転先決定する
2014年 3月
GE乳房撮影装置Senograph DS Essential
2014年 4月
救急2人体制、 救急救命士導入
回復期44床(リハ2)・一般76床
2014年 10月
救急医療の取り組みで社会医療法人と認定される
新病院名 関西メディカル病院と決定する
2014年 11月
新築工事着工(デザイン;STUDIO VELATI DESIGN、設計;浅井設計、施工;大成建設)
2015年 2月
回復期44床(リハ1)・一般76床
日本整形外科学会専門医制度研修施設に認定
2016年 1月
院長に渡邉太郎就任
院長に冨田純就任
2016年 2月
一般病床76床 看護基準7:1実施
2016年 4月
DPC導入
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建を目的としたエキスパンダー実施施設
2016年 5月
東豊中渡辺病院が千里中央に移転し,関西メディカル病院として開院(120床)
訪問看護ステーションとケアプランセンターが病院前に移転し,「関西メディカル訪問看護ステーション」と 「関西メディカルメディカルケアプランセンター」に改称
電子カルテ導入
GE3テスラMRI SIGNA Pioneer導入
日本高血圧学会専門医認定施設
関西メディカルリハ倶楽部オープン
2016年 6月
関西メディカル病院附属豊中渡辺クリニック誕生
豊中渡辺病院が移転合併し225床(一般急性期180・回復期45)となる
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建を目的としたインプラント実施施設
2016年 7月
骨密度測定機器(DXA法) PRODIGY Fuga Advance-C(GE社製)導入
2016年 9月
EMT科開設
2016年 10月
日本眼科学会専門医制度研修施設認定
2016年 12月
UR都市機構 新千里西町団地内に関西メディカル医療介護相談室を開設
2017年 1月
眼科にて角膜移植術開始
人工関節置換術にナビゲーションシステムを導入
日本外科学会専門医制度関連施設
日本乳癌学会認定施設

一覧に戻る