お知らせ

フェムトセカンドレーザーで多焦点眼内レンズを挿入する白内障手術を始めました。

手術2019.09.27
2019年9月よりフェムトセカンドレーザーを導入しました。
フェムトセカンドレーザーは1/1000兆分の1秒という短い時間単位で、コンピューター制御下で安全かつ精密に照射でき、隣接する組織には衝撃や熱の放散といった影響をほとんど及ぼさない安全性の高いレーザーです。
従来の単焦点レンズでは遠くか、近くかなど どちらかひとつにしか焦点が合わせられないため、ピントが合わない距離では眼鏡が必要でした。一方、多焦点眼内レンズは複数の焦点にピントが合うので眼鏡なしで車の運転ができ、新聞・本を読むことが可能です。 プレミアムレンズの適応があるかどうかは、角膜形状解析などの様々な検査を行って判断します。

当院では、10名(片眼)限定で37万4千円(税込)でお受けいただけます。*先着順、先進医療届出後は44万円(税込)となります
この費用には、1泊2日入院にかかる入院基本料・手術・薬剤・検査・食事等が含まれます(有料個室、ケア・サポートセットをご利用の場合は別途料金が発生します)。また、術後1ヶ月間の定期検査費用も含まれます。
費用の件で何かご不明な点がありましたら病院1階医事課にお尋ねください。

  • CatalysTM Precision Laser System(Johnson & Johnson Vision)

一覧に戻る